不良主婦の日常を思いのまま書き綴る、お気楽気まぐれ日記
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年09月14日 (日) | 編集 |
シーズー&キム兄カップルからお誘いを受けて行って来ました
youngflag.jpg
SCHOOL OF LOCK! LIVE TOUR
『YOUNG FLAG '08』 in Zepp Tokyo


「SCHOOL OF LOCK」 
→ http://www.tfm.co.jp/lock/youngflag2008/message.html

ラジオ番組の主催(?)のライブツアーで、初日の東京公演でアジカンが出るって事で
チケを取ったシーズー&キム兄が、それぞれチケ当選したので
その2枚を譲ってくれて、「シーズー×キム兄&もこ@管理人×ジェシー」と言う、
不思議なメンツでのコラボが実現しまして。

なので、この4人でZeep Tokyo@お台場まで行って来ました(`ー´ゝ

「YOUNG FLAG'08」出演者
くるり / THE BACK HORN / ASIAN KUNG-FU GENERATION


チケ番が499と500の管理人&ジェシー。
なかなかの好番号のお陰で、2列目をゲット。
ただ真ん中あたりに行くと、モッシュゾーンで死亡確定になると思って、
ベース側のスピーカー前あたりに陣取り(山ちゃん@アジカン目当てだったりもするw)

正直、くるりもバックホーンも全然知らないし、聴いた事もないんだけど
こうやって未知なバンドを聴きに行くのも、なかなか新鮮でいいですな。

ほぼ定刻通りに開演。
スクリーンに映し出された、ショートムービーから始まり、心揺さぶられたところで
「SCHOOL OF LOCK」のDJさん(?)のMCに移り、その後にライブスタートです。

トップはくるり。5曲ぐらい演ったかな?
2番手がバックホーン。想像以上に骨太なサウンドで漢のにほひがするバンドでした。
モッシュが凄かったなぁ・・・w

んで、アジカン先生は大トリを飾ります。

まぁ身長的に仕方ないんだけどさ、2列目だってのにまったくステージが見えなくてね(^^;
全編通して、全バンド、メンバーチラ見程度にしか見えなくて
どんな羞恥プレイだっつーの(苦笑)

なので、くるりとバックホーンのメンバー、どんなだったか分かりません(笑)
それとライブが始まった瞬間、めっさ押されてビビったね。
しばらくそーゆーライブとはかけ離れてたから、最初は泣きそうだったけど、
一応はモッシュゾーンから若干ズレてたから、思ったほど被害なく助かりました^^

でももちょっと元気だったら、モッシュゾーン行って一緒に盛り上がりたかったかも(笑)
そんな中、あんな激しいライブなのに、ぞうりで行ったジェシーに脱帽ですわ(爆)

さてさて、ここからはアジカンのライブを軽くレポ。

【セトリ】
01. センスレス
02. アンダースタンド
03. トラベログ
04. No.9
05. 藤沢ルーザー(新曲)
06. 転がる岩、君に朝が降る
07. ループ&ループ
08. ワールド ワールド
09. 新しい世界



やべぇ・・・1曲目それかよ!(><。
ライブアレンジのイントロがハンパなくカッコよくてね。
テンション上がらないわけがない!

イキナリ涙モンだったのに、アジカンにハマるキッカケになった「アンダースタンド」
2曲目でキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
イントロ来た途端、鳥肌全開!
マジ泣きそうだったわ。
あまりにも興奮しすぎて、若干「ダダダダダ イェイ!」の所をフライング気味だったのは
ここだけの話(笑)

「トラベログ」は来るかなって思ったけど、「No.9」が今回は来たか~って感じ。
絶対「惑星」が来ると思ったんだけどなぁ(てか、やって欲しかった><)

新曲もなかなかノリの良い曲で、アジカンらしさバッチリの曲かな?
シングル発売と、11月のアルバムが楽しみですわ♪

「転がる~」も個人的には意外な選曲だったかも。
最初のイントロセッションでは、何が来るのかちと読めなかったもんね。

んで「ループ&ループ」キタ!
今回は「リライト」は来ると思ったけど、こっちが来たね!!
やっぱ好きだわ、この曲。

んで、アルバム「W×3」のオープニングインストになってる「ワールド×3」
まさかラストはこの続きで「もしかしてアフターダーク来る?」って思ったけど、
やっぱ「新しい世界」でシメに来ましたね!
この曲でラスト来るってのは予想してたけけど、やっぱ改めてラストはこれでしょ?って思ったわ。


ライブ終了後、また最後にショートムービーが流れたんだけど、
なんかそこに書かれたメッセージが、凄く共感できた上に、直球で胸に届いてきてね。
なんか年甲斐もなく感動しちゃって泣けちゃってね。

バックボーンのMCでも言ってたけど、
「こういう音楽が手軽に聴ける時代(イベント)があれば、昔ぐれてなかったかも」
↑みたいな事言ってたけど、ホントその通りかもって。

自分も学生時代、音楽に救われた人間なので、
もっと若い頃からこんなイベントがあったら、もっともっと楽しい時を過ごせたのかもなぁって。

それにDJさんのMCでも言ってたけど、「歳は関係ない」って。

あの会場に結構10代のコが多かったみたいだけど、
最初はものすごい場違いなアウェー感でいっぱいだったんだけどさ、
周り気にしたり、ちっさいプライドのせいで、振り上げたい拳を上げるのガマンしたりして
あとになって「もっと楽しめば良かったかな」とか愚痴るのイヤだなって思ってさ。

2バンド目からは少しずつ“自分から”楽しむようにしていって。
アジカンでは爆発したけどね(笑)

凄く凄く、何だか音楽の楽し触れられて、自分の中に折れない旗を
確かに立てることの出来たライブでした。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。