不良主婦の日常を思いのまま書き綴る、お気楽気まぐれ日記
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年09月29日 (金) | 編集 |
helpman.jpg

偶然ネットで知ったこのマンガ。
『ヘルプマン』(くさか里樹/講談社)

やっと今日2巻と3巻を購入。
(ホントはゲームソフト物色に出たはずなのに何故か・・・w)

タイトルから察するように、老人介護のマンガです。
「施設編」「訪問介護編」「老人虐待編」「ケアマネ編」と、
各巻ごとに話が分かれてて、非常に読みやすくなってます。

そして何よりも、視点が主人公寄りだけになっていなく、
理想と現実の狭間や、むしろリアルな実情が描かれていて
独りよがりになってない所がイイです。

今回、購入したのが「訪問介護編」「老人虐待編」の内容の巻。

あぁ・・・これがリアルなんだって。

家族だからこそ思う感情と苦悩。
福祉の制度って何だ?
介護の在り方。
キレイごとや、理想だけではやっていけないリアル。


どれもこれも共感できる上に、考えさせられます。

先日、クレイス上司から
うちのデイの利用者さんのSS(ショートステイ)での様子を聞いて。
デイ利用の時では想像出来ない光景を知ったんだけどね。
それとリンクして、家での介護のリアルをこの本で知って。

自分がデイ(の時間)で見てる利用者さんの姿って、
本当に氷山の一角でしかなくて、本来の姿を見てるわけじゃないんだなって
ちょっとショックだった。

ただ笑顔で利用者さん迎えて、アホな事言って笑って
日常動作の手伝いをしたりして、
それで時間になったら上がって。

そんなんで、利用者さんの本質って見極められてるのかな?
この仕事(トータルで)6年くらいやってるけど、
一体何をしてきたんだろう。

ちょっとそんな事を考えさせられたりしてね。

今一度、自分の仕事のスタンスや目標を
考え直させられる、そんなマンガなのです。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
そうなんですよね・・・
デイサービスって、ある意味1週間(168時間)のうちの
人によってですが、1~3日(8~24時間)だけの
お付き合いであり、介護なんですよね。

以前は在宅でケア真似マネをやったりしておりましたが、実際の所、私達が関わる時間しか見えて来辛いのが実情ですしね。

色々な施設や運営形態を渡り歩いてきて、はや15年。
未だに、この世界の奥の深さには驚かされますよ。

私の経験や知識が皆さんに少しでも役に立てるなら・・・
「俺の屍を越えていけ!」って感じです。  (w

2006/10/01(日) 22:09:20 | URL | クレイス #JalddpaA[ 編集]
>クレイスさん
 特養と違って、そこがデイの弱点でもあり難点でもありますよね。
 今更ながら、それに気づかされました。
 だから、せめともと言いますか、デイで関わっている間くらいは
 しっかりと様子観察し、利用者さんの様子を把握したいと思いますね。
 はい、クレイスさんの屍をガッツリ超えていきますから(笑)
2006/10/02(月) 20:29:31 | URL | もこ@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。